head ソトコトへ セディナへ
  • home
  • column
  • sellection
  • shopping
  • contri
『食べる通信』をゲストに招き、そのビジネスモデルを披露。食と農の発信について考えた!

微生物と野菜が活かし合う、たんじゅん農法!

NPO法人『農家のこせがれネットワーク』は、
さまざまな農家と関わりを持ちながら、新しい農業の可能性を若い世代に発信。
こせがれの新規就農をサポートしています。


中村さんが実践する、たんじゅん農法とは?

神奈川県・二宮町で「たんじゅん農法」に取り組んでいる中村隆一さん。「たんじゅん農法」とは炭素循環農法のことで、肥料も農薬も使わず、植物と土中の微生物が共生し、互いに活かし合うことで、おいしい野菜ができるというユニークな農法だ。「森林で植物が育つ仕組みを応用しているのです」と説明してくれる中村さん。森林環境と同様の畑をつくるために、幅15センチ、深さ1メートルほどの溝を数本掘り、そこに木質チップを埋め込んでいる。「そうすることで、土中の通気や水はけがよくなり、微生物が増え、野菜の根に養分や水分を運んでくるようになるのです」。野菜は養分を貰う代わりに、微生物に糖分などを与えることで循環が成立しているという。


  たわわに実をつけるハウスのトマト
たわわに実をつけるハウスのトマト。
一般の農家と同じ品種。

中村さんの畑、『ぽんぽこファーム』
神奈川県・二宮町にある中村さんの畑、『ぽんぽこファーム』。

驚いたことに、有機肥料さえ使わない。「肥料を入れることで、循環を妨げることになりますから」と中村さん。肥料を入れれば、微生物の活動を制限することになり、野菜と微生物が関与することなく育ってしまうからだ。「たんじゅん農法」は、あくまでも、野菜と微生物が直接つながることが重要なのだ。「肥料を入れなくても、この畑の土中には野菜が育つために必要な要素が揃い、循環が成立しています。肥料を入れると、その循環が止まってしまい、野菜と微生物の共生関係が築かれませんから」。また肥料を入れることで、「窒素分が過剰になり、虫が増え、病気を引き起こす原因にもなりかねません」とも言う。さらに、地下1メートルほどの土には水分も含まれていて、それを微生物が野菜の根まで運んでくるため、雨以外は水も与えないそうだ。

左/「たんじゅん農法」で育てたおいしいトマト。右/連作できないとされるナスも毎年、収穫できる。
左/「たんじゅん農法」で育てたおいしいトマト。
右/連作できないとされるナスも毎年、収穫できる。野菜は、地域のスーパーやカフェに卸したり、直接宅配することも

トマトを栽培しているハウス内には雨さえ降らない。けれども、トマトはたわわに実り、皮もつやつや。いただいた中玉トマトをかじると、実がしっかりして、甘みも豊かだった。「土中はトマトにとってもちょうどいい水分量のはず。水をあげないことで強く育てているのではなく、微生物と仲良くできるように育てているのです」と、中村さんは土にふれ、そう言った。


  雑草の根が短いのは、土中の微生物が養分を届けるから。
雑草の根が短いのは、土中の微生物が養分を届けるから。

読み物

高知が生んだ植物分類学の父。牧野富太郎のアートな植物愛

「ボルネオ」傷ついた森の直し方。

新潟、薬膳ツーリズムを体験する。

南米アマゾンの多様性。「緑のジャングルと赤い魚

原生が残る照葉樹林を歩く。「綾の森」へ。

秋田のお米、おいしさのヒミツを探りに。

火の国のお米を巡る旅。


ソトコト


1 2

Copyright © Cedyna Financial Corp. All rights reserved.