head ソトコトへ セディナへ
  • home
  • column
  • sellection
  • shopping
  • contri
日本農業経営学会のシンポジウムに登壇し、斎藤潔さんとも語り合う!

日本農業経営学会で、農業を語る!

NPO法人『農家のこせがれネットワーク』は、
農家のこせがれや若手の新規就農者の現状をさまざまな場で語り、農業界の未来を展望。
就農やビジネスの面で農業者をサポートします。


事業承継の大切さを、学会でもアピール。

2016年9月、「日本農業経営学会研究大会京都大会」のシンポジウムが、京都大学農学部総合館で開催された。テーマは、「農業における起業家精神とイノベーション」。NPO法人『農家のこせがれネットワーク』代表理事の宮治勇輔さんは報告者として登壇し、「農家のこせがれが生み出すイノベーション」と題して、自身が代表取締役社長を務め、家族で経営する「みやじ豚」の流通の仕組みやブランド化、『農家のこせがれネットワーク』の活動、現在実施している「農家のファミリービジネス研究会」の意義についてプレゼンテーションを行った。

シンポジウムで発表する宮治さん。
シンポジウムで発表する宮治さん。

「農業界の最大の課題は事業承継。スムーズに行うには、先代が培ってきた農業技術やノウハウ、人的ネットワークなど、人・モノ・お金・情報・顧客の承継がポイントとなります。留意すべきは、こせがれの側から親にアプローチしないとなかなか進展しないということ。つまり、新たなビジネスモデルの構築やイノベーションを起こすためにも早期の事業承継が重要になるのです」と持論を述べた。

専門家を交えたパネルディスカッションも実施。参加者からの質問を受けながら、農業のイノベーションについて議論を展開。
専門家を交えたパネルディスカッションも実施。参加者からの質問を受けながら、農業のイノベーションについて議論を展開。


読み物

高知が生んだ植物分類学の父。牧野富太郎のアートな植物愛

「ボルネオ」傷ついた森の直し方。

新潟、薬膳ツーリズムを体験する。

南米アマゾンの多様性。「緑のジャングルと赤い魚

原生が残る照葉樹林を歩く。「綾の森」へ。

秋田のお米、おいしさのヒミツを探りに。

火の国のお米を巡る旅。


ソトコト


1 2

Copyright © Cedyna Financial Corp. All rights reserved.