head ソトコトへ セディナへ
  • home
  • column
  • sellection
  • shopping
  • contri
「銀座ファーマーズラボ」を運営する『UDS』の中川敬文さんと対談!

若手農家やこせがれが、集う場を提供!

NPO法人『農家のこせがれネットワーク』は、
若手農家や農家のこせがれが集まり、学ぶ場を、他業種と連携しながらつくり、提供している。
そんな活動を、AXUプログラムで応援しませんか?


新しいつながりを生む、コラボレーション。

NPO法人『農家のこせがれネットワーク』は、農家のこせがれが夢や不安を語り合う「こせがれ交流会」や、農家の経営課題を解決する仲間づくりや独自の販路づくりをサポートする「農家のファミリービジネス研究会」を開催している。開催場所は、東京・千代田区で2015年2月にオープンした『銀座ファーマーズラボ』だ。「ここは、『銀座農園』さんと『スペースデザイン』さんが立ち上げ、志を持った若手農家を応援するというコンセプトを掲げています」と話すのは、運営する『UDS』代表取締役社長の中川敬文さん。「ただ、私たちは飲食店やホテルを経営しているものの、直接声掛けできるほど農家さんとの縁は深くありません。そこで、可能性のある農家さんを全国から集められる『農家のこせがれネットワーク』さんと連動することで、そのコンセプトを実現できると考え、宮治さんに連絡しました」。

  銀座ファーマーズラボ
農業や食の発信・交流を応援するコワーキングスペース『銀座ファーマーズラボ』が、東京・千代田区の『東京交通会館』内にオープンした。
ラウンジには農場の納屋をイメージした素材でできた椅子が置かれ、農業や食関連のイベントが開催される。
ラウンジには農場の納屋をイメージした素材でできた机や椅子が置かれ、農業や食関連のイベントが開催される。

中川さんからの要望を快諾した代表理事の宮治勇輔さんは、「定期的にイベントを開催する私たちとしても、中川さんと知り合えたことで素敵なイベントスペースをご提供いただき、ありがたいです」と新たな縁を喜ぶ。「そして、『UDS』さんは飲食店やホテルを経営されている小田急グループの会社であり、農産物の出荷先としては理想の相手。農業者の販路開拓という面でのサポートに期待してコラボすることに決めました」。

農や食に関わる書籍や各地のイベント情報も得られる。
農や食に関わる書籍があり、各地のイベント情報も得られる。

実際に、長崎県壱岐市の『このみ農園』の許斐民仁さんは、「農家のファミリービジネス研究会」に参加したことがきっかけで、『UDS』が経営する2軒のレストランに来春からアスパラガスを提供することが決まった。「全国の農業者が東京に視察に来ますが、どこへ行き、誰を訪ねればいいのかわからないまま地元に帰っていくケースが少なくありません。そんなとき、『銀座ファーマーズラボ』の農業イベントや交流会に参加すれば、新しいつながりが生まれ、販路開拓のきっかけを得ることもできるでしょう。農業者や帰農を考えているこせがれにとって、魅力的な場が東京の真ん中に誕生したことを知ってほしいですね」と、全国の農業者に呼びかけた。

『銀座ファーマーズラボ』の中川さんと楽しそうに対談するNPO『農家のこせがれネットワーク』の宮治勇輔さん。
『銀座ファーマーズラボ』の中川さんと対談する『農家のこせがれネットワーク』の宮治勇輔さん。


読み物

高知が生んだ植物分類学の父。牧野富太郎のアートな植物愛

「ボルネオ」傷ついた森の直し方。

新潟、薬膳ツーリズムを体験する。

南米アマゾンの多様性。「緑のジャングルと赤い魚

原生が残る照葉樹林を歩く。「綾の森」へ。

秋田のお米、おいしさのヒミツを探りに。

火の国のお米を巡る旅。


ソトコト


1 2

Copyright © Cedyna Financial Corp. All rights reserved.