head ソトコトへ セディナへ
  • home
  • column
  • sellection
  • shopping
  • contri
原生が残る照葉樹林を歩く

原生が残る照葉樹林を歩く

照葉樹林を、知っていますか?
字の如く、葉がキラキラと照り輝く樹種の集まり。
かつて日本に広がっていた照葉樹林の木々や植物は、
人にとって衣食住の材料となり、文化の礎として愛されていました。
でも今、まとまった広さで残る照葉樹林はごくわずか。
日本国内最大の面積を残す、宮崎県の綾の森で知った植物愛とは?


宮崎県のほぼ中央、綾の森を歩きながら、照葉樹の葉を採集した。葉は表面に光沢があり、指でなでるとツルツルして気持ちいい。先頭を行く綾町照葉樹林文化推進専門監の河野耕三さんが、その理由を教えてくれる。

「葉の表面からロウ状の物質が分泌され、光沢があるのです。クチクラ層といい、夏の強い太陽光線から身を守り、葉の表面から水分が蒸発するのを防ぎます。太陽の光を浴びるとキラキラと照り輝くので、照葉樹というのです」

樹木は大別すると、針葉樹と広葉樹に分かれる。広葉樹はさらに、秋になると紅葉して葉を落とす落葉樹と、冬のあいだも緑の葉をつけたままの常緑樹に分けられる。その常緑樹のひとつが、照葉樹だ。暖かい気候を好む照葉樹は、日本では主に沖縄や九州、西日本にかけて分布している。

樹齢約200年のカヤの木
樹齢約200年のカヤの木。碁盤、将棋盤などの材料ともなり、樹齢500年のものになると、1本1000万円以上ほどで取引されるという。

照葉樹の葉が小さいのは、冬の寒さに対応するためだそうだ。落葉樹は、気温が下がり光合成ができない冬のあいだ、余計なエネルギーを消費しないように葉を落とす。一方、冬のあいだも光合成ができる暖かい地域に生える照葉樹は、葉を落とす必要はない。ただ、葉を大きくするとそのぶん自身の細胞も増え、エネルギーを多く消費してしまうので小さな葉をつけているということだ。


読み物

「ボルネオ」傷ついた森の直し方。

新潟、薬膳ツーリズムを体験する。

南米アマゾンの多様性。「緑のジャングルと赤い魚

鳥たちと暮らせる世界へ

秋田のお米、おいしさのヒミツを探りに。

火の国のお米を巡る旅。


ソトコト


1 2 3 4 5

Copyright © Cedyna Financial Corp. All rights reserved.