head ソトコトへ セディナへ
  • home
  • column
  • sellection
  • shopping
  • contri
南米アマゾンの多様性。「緑のジャングルと赤い魚」

「村の守り神」シマフクロウが教えてくれるエコロジー。


多様な生命のゆりかごであるアマゾン川。
そこに生育・生息する動植物種は豊富で、
まだ知られていない種も含め、
地球の最後の生物多様性の宝庫とも呼ばれている。
失われゆく自然と、それを守る試み……。現地からのレポートです。


南米・アンデス山脈の雪解け水から始まり、全長6700キロともいわれる、世界最大級の河川、アマゾン川。この流域に広がる、水、水の世界、そして緑のジャングルは、多くの生命の多様性を生み出してきた。

 

また、そこに生きる人々もその多様性の中の一つの生命体として、他の生命と共存してきた。人々は、この川の恵みで暮らしを営んできた。

 

アマゾン川流域の先住民は我々と同じ、モンゴロイドである。遥かベーリング海を渡り、アマゾンにたどり着き、住み着いた。しかし、今はその後の侵略者と移住者との混血が住民の大半を占めている。

 

文明のアマゾンへの侵略は激しさを増しているが、今もかろうじて自給の暮らしができるのは、アマゾン川の豊かさのおかげである。しかし、今、それすら危機にさらされている。

 

アマゾンには、世界に類がないほどの多種多様な植物があり、魚類も、その数は未だ不明といえるが、2500〜3000種はいるだろう。私自身も多く発見しているし、今も新種の発見が期待できるところは、アマゾン川流域だけだろう。さらに世界最多の鳥類が生息し、その鳥を介して多くの植物の種が移動する。そしてジャングルのなかに、豊かな果実が実ることとなる。

 

ジャングルに棲むサルや昆虫も同じ役目を果たしてきた。さらに雨期の大増水は肥沃な土を運ぶ。それはさらなる豊かな土地の形成を促してきた。

アマゾン川
地球上で最大の水資源の宝庫と称されるアマゾン川。南米大陸を横断するこの大きな川は、Mega-Diversity南米大陸を象徴する。


読み物

「ボルネオ」傷ついた森の直し方。

新潟、薬膳ツーリズムを体験する。

原生が残る照葉樹林を歩く。「綾の森」へ。

鳥たちと暮らせる世界へ

秋田のお米、おいしさのヒミツを探りに。

火の国のお米を巡る旅。


ソトコト


1 2 3 4

Copyright © Cedyna Financial Corp. All rights reserved.